今回は99年8月21日から28日までパリへ旅行してきました。ワタシは「そもそもは」から話を始めるのが好きなタイプのようです。なので、まずはそもそもから。

そもそもは5月のヨーロッパ出張でした。そのとき生まれて初めてフランスへ来るチャンスを得たのです。初めて見たパリはそれまで見たオランダやドイツの都市と比べて、たいそう都会的で洗練された街に見えました。う〜ん、この洗練された街はワタシの為にあるような気がするわ…と思ったかどうかは定かではありませんが(笑)、すごく気に入ったことは確かです。さらに念願のルーブルへも足を運んだわけですが、なんと! ストライキでお休みだったんですよね。詳細はこちらに。そのあまりの悔しさに、日本に帰るなり途中まで出迎えてくれた相方に「夏休みはパリ行くよ、パリ!」と高らかに宣言したのでありました。

時は過ぎ、7月の9日くらいだったでしょうか。ワタシの休みを取れそうな時期が8月20日から1週間くらいに限定されていたので、その40日前(キャンセルが沢山出るから)を狙ってHISへと向かったのでした。当初のプランではパリとスペインという希望だったのです。しかし某旅行雑誌を見るにつけ、パリとスペインという組み合わせはあまり一般的でなく、旅行代金も25万オーバーになりそうな感じ。ボーナスの少ないワタシと収入そのものが少ないさいかとのコンビでしたので、旅行代金は20万切りたいというのが二人の暗黙の了解となっているのですが。

とりあえず冷やかし気味なつもりでHIS新宿本社へ行ったのですが! すごい大きいのねー。びっくりしましたのことよ。格安チケットの申し込みは、なんと9階へ行ってくださいとのこと。2階から8階までは何が入ってるのかしら? で9階へ着くと、ダダ−ッとカウンターが広がっていて、行き先ごとに担当も分かれている。ヨーロッパ担当のI原さんにお世話になる。やっぱりスペインと組み合わせると高くなる上に、すごく行きたいマドリッドはちょうどその時期に学会だか何だかで飛行機が取れないらしい。結局、スペインは諦めてパリだけに。しかもマレーシア航空で行くと、5泊8日で17万円! この時期にしては絶対安い! 機中2泊だけどパリに朝一番で着くから5日とちょっとくらいはパリで過ごせる! これに決めた! ってことで勢いで決めてしまいました。

ホントに行くことになるとは…。自分で言い出しておいてなんですが、実現するとは思ってなかったっす。しかもこれは内緒ですが(笑)、この旅行話がなければ結婚の話も出てこなかったかも…。わはは。人生って何が起こるか判らないから楽しいですねー。お金ない二人がホケホケと海外旅行に行くなんて、と賛否両論ではありましたが、ちょっと気の早い新婚旅行のつもりで行ってくることにしました。こんなにお金使えるなんてこれが最後かもしれないもんね。

というわけで、「そもそも」がずいぶん長くなってしまいましたが、本編の始まりです。→進む

1
そもそも

2
飛行機

3
寝飛ばす

4
ディズニー

5
ディズニー

6
ルーブル

7
ルーブル

8
凱旋門

9
最終日

10
飛行機

11
終わり

12
おまけ

旅行のトップページへ ホームへ