ウブドでのんびりリゾートagain  

<そもそもは>

今年の夏休みはワタシが行先を決める番だったので、またヨーロッパドライブ旅行かしらとか考えていたのだけれど、やっぱりアジアでのんびりしようと考えを変え。のんびりということであれば、新しいところに行くよりも以前も行って気に入ったインドネシアはバリ島、ウブドのマウンテンリゾートにまた行くことにした。

前回ゲストリレーションを担当してくださったYかりさんはすでに退社しておられたが、Rまこさんという方がおられたのでそちらにお願いする。今回も一か所で少し長めのステイ。ただ前回は6月初めに行ってシーズン入りする前だったのだが、今回はまだハイシーズンの途中という時期なので、お値段はやや高めである。

そして本当は週末出発の週末帰りで予約していたのだけれど、その期間中にどうしても出社しなければいけないことが8月になってから発覚し!それに気づいたときは呆然としたけれど、日程変更して何とかならないか大慌てで調整。結果、木曜出発の木曜帰りというやや変則的な旅程となった。飛行機もホテルもたまたま取れ本当にラッキーだった。それにしても、また出発が911だな。何年か前にもあった気がする。

<2014年9月11日(木)> あわただしく出発

無理やりスケジュール変更したせいで、実はその前の週末は韓国(月曜日帰国)、更に前の週はアメリカ出張という相当あわただしいスケジュールとなっていた。しかもプロジェクト的にはちょー佳境で、皆快く送り出してはくれたけど、でも申し訳ない気持ちで一杯。前夜は22時から電話会議、今日も7−8時と家を出る10分前まで電話会議とかなり仕事モードのまま、出発。向こうにいる間もちょっと仕事はしなければいけない感じなので会社PCも持参。

スカイライナーで成田空港へ。平日なのでそんなにすごく混んでいる感じではない。成田‐バリのガルーダ航空のいいところは機内で入国審査が出来ることなのに、なんとこのフライトには入国審査官が乗っていないと言う。えー。それなら羽田出発でも良かったよ。。。 結局ビザは現地で買うことになるのだが、米ドルが必要とのことで両替。前回は25ドルだった気がするが、今回は一人35ドルとのこと。しかも今、急に円安なのよねー(106円)。そして今日はチェックインシステムがダウンしているそうでなんと搭乗券は手書き。なかなか面白いなあ。席とかダブルブックしちゃいそうだけれど、カウンターをあっちこっち人が行き来してそういうことが起こらないようにしていた。大変だわね。

11時のフライトなのに、珍しく早まって10時50分出発とのアナウンス。ドトールでコーヒーを飲んだ後、搭乗。機内は比較的空いていて、真ん中の3列掛けに二人で座る感じ。良かった。

シートテレビではSpinning Plateというアメリカのドキュメンタリーを見る。3つのレストランシェフを追いかけるもの。どんな素敵なレストランが出てくるのかと思っていたら、一つはシカゴのレストラン、Alineaというところ。先端的な機械やサイエンスを使ったモルキュラーキュイジーヌ的なお料理で、ここはいかにもこの手のドキュメンタリーに出てきそうなイメージ通りだったのだが、あとの二つは意外性のあるレストランだった。一つはアイオワのBreitbach'sというトラディッショナルなアメリカン。フライドチキンとかポテトとかを出す家族経営のレストランだが、大人気のようで3時間待ちの時もあるらしい。もう一つはアリゾナのLa Coccina e Gabbyというメキシカン。お父さんとメキシコ人のお母さんがやっているすごくホーミーなレストランだった。もっととんがった感じのレストランばかり出てくるのかと思っていたから、ちょっとギャップがあって驚いたけど、でもホーミーな感じが良かった。ただ三番目のメキシカンは閉店してしまったらしい。

昼食:<機内食>椎茸のマリネサラダ、チキンのバリニーズソース、ごはん、野菜、パンとバター、チーズとクラッカー、抹茶のケーキ。

飛行時間は7時間弱。前回も思ったけど、アジアって近いよなあ。このところアメリカやヨーロッパへ行っていたので、あっというまに着いた感じがする。17時20分頃到着。新しい空港になっている。ただイミグレが出来なかったので行列に並ぶと、これがかなり時間かかった。30分くらい並んでたんじゃないかな。荷物もとっくの昔に出ていた。でも新しくなっても、最後にもう一回荷物のX線検査をするのは変わらないのね。何を調べるのかなー。

ホテルのドライバーさんとはすぐ会えた。2年前来た時も新しい部分あったので同じ場所に着いたのかと思いきや、全然違った。建物の場所自体が違うし、駐車場もビルになってる。まだ新しい建物はオープンして6か月程度なんですって。車が一杯いて複雑な造りだ。空港を出るまでに10分程度かかったが、出たところにすごく新しくて綺麗なバイパスが出来ていてビックリ。おお、かっこいー。相変わらず車の量は多いなあ。暗くてちゃんとは見えないけれど、何となくレストランとかが増えているような気がしなくもない。やっぱり成長している国なのだなあと思う。

空港を出てからは1時間と10分ほどで懐かしいバイスロイ・バリに到着!ここは変わってないわー。変わってないことに何だかホッとする。レセプションの方たちの感じのよい素朴さも相変わらずだ。チェックインして、そのままCascadeで夕食を取る。7−8組はお客様がいたかな。欧米系(多分オージー?)の人が多く、アジア系はワタシ達以外には一組だけ。韓国人のカップルかな。

夕食:<Cascade>アミューズ。マッシュルームベルーテ。ラズベリーとチリのグラニテ。ガドガド。

スープ(ベルーテ)はここのスペシャリテ。確か前回来た時とシェフが変わっていると聞いた気がするけれど、これは変わっていないみたい。ガドガドは思ったものとずいぶん違う形態で出てきてちょっとビックリ。二人で70万ルピアくらいかな。1ルピアが110円くらいなので、8000円弱。お高いことはお高い。

お部屋は前回同様デラックスビラ。驚きとか新たな発見はないけれど、使い勝手も何もすべて分かっているというのも気楽でいいわね。ホテルの敷地内はどこも無料WIFIが飛んでいるので、PCも携帯も不自由なく使えるし。全てにおいて快適。だらだらとして0時過ぎに就寝。↓写真は2年前と違いが判らないと思うけれど、左右は逆だったりする。

翌日へ→

9月11日(一日目) あわただしく出発
9月12日(二日目) 二日目はお部屋でのんびり
9月13日(三日目) バイクでマッサージやサリ・オーガニックへ
9月14日(四日目) 今日はお部屋にひきこもり
9月15日(五日目) ライスフィールドやキンタマーニ高原へドライブ
9月16日(六日目) 再びマッサージとかお買い物に

9月17日(七日目)-18日(八日目) 最終日、日本到着、まとめ


旅行記へ戻る

日記へ戻る