チュニジア&シチリア食べまくり旅行(1) 

<そもそもは>

Cえことワタシは去年あたりからかなり頻繁に遊んでいて。Lなこさんとは何度かご一緒し、Cひろさんとは年明けに飲んだときに衝撃の独身発言があり。女子会をやろうってことになった。一回目はCひろさんは来れなかったんだけど、そこでどこか旅行行きたいねーという話になったんだよね。しかも皆相当に旅行のツワモノ揃いなので行ったことない場所を探すのが大変だわねなんて言いつつ。

で、第二回。忘れもしない六本木での会合。ここでパンフを見て、それぞれが行ったことあるないを言っているうちにチュニジアが候補にあがる。白い壁と青い扉の街、シディブサイドはワタシが長年行ってみたかった憧れの場所だ。それ以外にも南の方はスターウォーズの撮影を行ったという砂漠などもあって良さそうということで、満場一致でチュニジアに決定。その足でH○Sへ。日程やらエアラインやらいろいろなオプションを尋ねるワタシ達の要望に完璧に答えてくれたYま口さんは相当デキる人だった。とりあえず日程を仮押さえして解散。

お金をすぐに振り込まなければいけなかったのだけれど、その間にチュニジア、特に南部は危険ではないかという話が出る。アラブの春以降、治安があまり良くないらしく、外務省のホームページを見てもちょっと不安がある。どうしようかというメールが相当行き交った末に、北部のチュニスはそのまま行くことにして、別の場所へ行こうという話になる。最初はマルタ島が候補に上がるが直接行けるルートがなさそう。それではシチリアは?と。Cえこがずっと行きたかった場所らしい。船で行くことも検討したが9時間くらいかかるようなので飛行機で行くのが良さそう。HISではそこまでローカルな便は手配していないので自分でネットで取る。チュニスエアーという飛行機で一人150ドルくらい。HISのチケットは行きはパリ経由のチュニス行、帰りはシチリア島パレルモからローマ経由となった。

PJ-GWと名付けて、その後も何度か打ち合わせ会議を開き、まずはホテルと交通手段の確認。チュニジアでは近場なら電車が使えそうとか、シチリアはレンタカーも検討したけれどバスが便利そうとか。皆めっちゃ仕事が出来る上に、仕事以上に情熱をかけているので、効率が良いことハンパない。Expediaでホテルもおさえたのでいったん安心。暫くそこで仕事の方に皆忙殺される。途中でLな子さんがプライベートな事情で離脱。リファンド出来ないチケットなのが可哀想。。。 直前にCえことCひろさんと再度何度か集まって、行きたい場所やレストラン情報などを集めていく。チュニジアでは遠くの遺跡へ行くのはツアーを使うことにしたり、Lな子さんが来れなくなったこともあるのでホテルを変更したり。これでほぼほぼ準備も出来たかなー。ガイドブックはかなり早目に買ったけれど、それはまだ全然読んでないので道中読もう。ワタシの仕事の状況が一瞬危ぶまれたけれど、何とかクリア。さすがに今回は会社PCにせよ、家のPCにせよ、持っていくのは避けたかったので良かった。

<2014年4月24日(木)> パリのトランジットも無駄にしない

とはいえ、最後の最後までバタバタで前日は25時くらいまで仕事をしていて、行きのスカイライナーでもメールしまくりではあった。9時半頃に成田着。3人ともJALラウンジ使えるものだと思い込んでいたのだが、エールフランスはスカイチームなのね。ビックリ。搭乗ゲートそばのドトールでお茶をしつつ、Bが酷いって話をしたり。

テンション高く飛行機に乗る。Frozenをもう一回見る。二人にもお薦めして、見てもらったり。その後は薬を飲んで寝てしまう。

機内食1: 舌平目のウニソースと帆立。パン。チーズ。チョコレートケーキ。

 

機内食2:クリームソースパスタ。

期待していたわけじゃないけど、機内食美味しくなかったなあ。エールフランスってもっと美味しいイメージだったのに。予定より少し早い16時半頃、シャルルドゴール空港到着。トランジット4時間しかないのでパリの町へ出るのはかなり難しそうかなという話を行く前はしていたのだが、早く着いた分ちょっと余裕が出来たので行くか!ということに。そうと決まればパッとRERに乗って、Gare du Nord北駅へ。幾つか素敵なレストランはありそうだったが調べきらなかったので駅前のカフェに入る。夕方で仕事帰りなのか、オジサマが一人で大きなビールジョッキを注文していたり。気候もいいので気持ちがいいなあ。

夕食:<La Maison Blanche>ムール貝のワイン蒸し。ニース風サラダ。ステーキフリット。アップルパイ。チョコレートムース。CえことCひろさんがセットメニュのステーキとムール貝を頼んだのでデザートがついてきて、それにワタシが単品のサラダを頼む。

お会計は58ユーロ+チップ5ユーロ。18時15分頃お店に入り、19時半くらいには食べ終わって店を出る。19時50分頃に電車に乗り、大急ぎで空港に戻る。チェックインは済んでいるものの、21時05分発の飛行機なので、20時20分くらいに空港に着くのはちょっとギリギリかなと思ったが、少しフライトが遅れていたのもあり、余裕だった。このフレキシビリティの高さがたまらないメンバーだなあ(笑)。楽しい旅行になりそう。

機内食がもう一回出たがさすがに食べず。22時半チュニス空港着予定だったが、少し遅れて23時ころ到着。夜遅くに全く土地勘のないところに着いてホテルまで移動するのは少し怖いので、空港からホテルまでの送迎を頼んでいた。すぐに出会えて車に乗り込む。そんなに大都会ではないけれど、でも思ったよりも大きな町だな。15分ほどで街中のホテルに到着。お部屋はもともと4人一部屋で頼んでいたところを3人でそのまま使うことにしたのだけれど、広い!ゴージャス!ちゃんとリビングルームがあって、バラの生花が飾られていたりする。ベッドルームも二つ、洗面所も二つで便利。

一人部屋を頂戴し、とりあえず荷ほどきして、おやすみなさい。

翌日へ→

4月24日(一日目) パリのトランジットも無駄にしない
4月25日(二日目) チュニスの街を歩く-市場楽しい
4月26日(三日目) カルタゴ遺跡&憧れのシディブサイド!
4月27日(四日目) ブッラレギア&カルタゴを勉強熱心なガイドさんと見学
4月28日(五日目) シチリアへ移動、いきなりパレルモで美味しいランチ
4月29日(六日目) ランチを食べにカターニャの市場へ行き、タオルミーナへ
4月30日(七日目) 綺麗な海を堪能、パレルモで美味しい最後の夜
5月1日-2日(八日目-九日目) ローマのトランジットも無駄にしない&まとめ